2015年04月02日

米グラミー賞リストラ、黒人指導者ら抗議

14日投開票の台湾総統選で再選を確実にした馬英九(マー・インチウ)総統は同日午後8時(日本時間同9時)すぎ、台北市内の国民党本部前で「我々は勝った. これは私個人の勝利でなく台湾人民の勝利だ」と宣言した. 米音楽界の最高権威とされる米グラミー賞が部門を約3割減らす「リストラ」に踏み切り、12日の授賞式を前に批判や抗議が広がっている. 黒人や先住民らのルーツ音楽が対象となっており、黒人公民権運動の指導者ジェシー・ジャクソン師も批判の声を上げた. 109あったグラミー賞は今年、78に減った. 主催の全米レコード芸術科学アカデミーが「ラテンジャズ」「ネーティブアメリカン」「ハワイアン」の取りやめを決定. 細分化していたブルースなども一本化した. 「競争性を高める」ためといい、エントリーが3年連続で25人未満なら、さらなる削減の対象とする. ロイター通信によると、ジャクソン師は1月下旬、アカデミーに手紙を出し、「少数派の共同体を育て、元気づける音楽のまさに中核」の削減は、無分別で不公平だと指摘した.
posted by YoshidaMirai at 05:49| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。